RPAP(Regional Plants×Art×Pot)

RPAPとはRegional Plants × Art × Potの略称で、奄美の固有の植物と新しい視点の器を、アートというフィルターを介してオリジナルかつ高付加価値な商品として開発・販売する試みです。
昔ながらの奄美の甕(カメ)やアーティスト作品と奄美の植物を掛け合わせることで、集落内外へ新たな魅力を提案し、島に経済効果を生み出します。この事業の根幹にあるのももちろんまちづくり。持続可能性の推進を軸に、島の豊かな自然を未来へと継承することを目指しています。

umbrellapark

 

 

 

PAGE TOP
Translate »