伝泊古民家

「物語」
奄美大島北部の小さな集落で生まれた山下は、大学への進学と同時に上京し、そこから世界で活躍する建築家になりました。しかし彼の中にはどんな時も決して薄れることのない、奄美への熱い想いが脈々と流れていました。
2012年、そんな奄美の集落文化が徐々になくなっていく現実を目の当たりにしました。奄美群島で育まれてきた歴史や文化、人が生まれてきた場所は常に「家」であったはずなのに、今ではその一部が空き家となり問題視されていたのです。
そこで山下は、「伝統・伝説的な建築と集落文化を次の時代に伝えていく」ことで島を守りたいという想いから、古民家を宿泊施設として再利用することを決めました。こうして2016年に生まれたのが「伝泊」なのです。
「建築家・山下保博として故郷の奄美にできることは何か。」その問いに関する答えは決して簡単なものではありません。しかし地域の声に寄り添い、一つ一つ問題に目を向けることで、少しずつ、でも着実に奄美の未来をデザインしています。

「背景・課題」
日本と奄美の空き家問題
山下は、2005年から大学のゼミ生とともに古民家の研究をしたり、エチオピア日本大使館からの依頼で作るパビリオンにも日本の古民家を移築したりと、空き家の活用について様々な視点で考えてきました。また、日本全国の空き家率が13〜14%と、大きな社会問題となっており、山下の故郷の奄美大島も過疎化に伴った空き家問題に悩まされていました。
2015年3月に、山下は奄美でのリゾート施設の設計依頼を受けて月に2回は東京と奄美を往来することになりました。その施設は2017年11月に完成するのですが、この2年半の間に地域行政と集落の区長から空き家問題をなんとかして欲しいとの依頼を何度も受けました。
東京で、いくつかの建築の保存問題にも関わっていた山下は、その難しさを知っていましたが、台湾での建築講演会の際、友人でもある台湾建築家の行っていた手法が大きく参考になりました。それは至ってシンプルな解決策でした。
「プロジェクトのオーナーになり、宿泊施設に改修してお客さんに貸すこと」

「山下の取り組み」
「伝泊」のスタート
行政や地域の人たちは、空き家は防犯上問題だと口にはしますがお金を出してまで守ろうとはしません。所有者も都会に出ていることが多いため、祖先の古い建物にお金をかけることには消極的です。奄美には360以上もの集落があり、それぞれの文化が少しずつ異なっていることが奄美大島の宝物だと、山下は考えています。各建物がその集落文化を担っている重要なものであるからこそ、集落外の人間が所有することに躊躇した山下は、10〜15年契約の賃貸で安く借り、自らの資金で2棟分を改修し簡易宿所の許可を取り、2016年7月に「伝泊」をオープンしたのです。山下自身、その時を振り返ると大きな賭けだったといいます。どんなに国内外で宿泊した経験があったとしても、家具や備品消耗品を揃えるなどといった、0の状態から宿泊施設運営を始めるのですから。
「伝泊」では、

「伝統的・伝説的な建築と集落と文化を次の時代に伝えるための宿泊施設です。旅に物語を求める人のために、地域の人との出会いの場も提供します。」
というコンセプトを掲げています。
具体的には

①島の伝統的構法を7割以上残す建物である、もしくは島にとって伝説的な建物であること
②島の魅力を体感できるロケーションであること
③集落の人たちが協力的であること
を守ることを条件としていました。これらに合致する空き家を選び、可能な限り建物としての歴史や良さを残しつつ、滞在する人が快適に過ごし、集落と交わるような空間を作りました。
当初、奄美で山下が設立した設計事務所「株式会社 奄美設計集団」のスタッフ2名とともに施設の運営をスタートした「伝泊」は、お客さんの温かな支持を受けて稼働率を上げていき、およそ半年目で黒字に転じます。そうすると地元の銀行との協力体制が組まれてさらに3棟分の資金提供を受け、合計5棟の伝泊が稼働します。また他の地元銀行が伝泊のコンセプトとそのまちづくりへの姿勢に賛同して大きな資金提供を行ってくれたことで、奄美大島北部笠利町の7棟、加計呂麻島の2棟、徳之島の6棟と拡大し、地域交流の拠点となる「まーぐん広場+伝泊ホテル」の建設もスタートしました。2016年6月には伝泊の運営会社「奄美イノベーション株式会社」を設立し、2018年4月に運営専属のスタッフ15名(地元雇用8割)とパート10名(地元雇用10割)とともに本格的なまちづくりをスタートさせたのです。

奄美の伝統建築の7つの条件
奄美大島の建築は、東南アジアと琉球と薩摩の伝統建築の流れのほか、台風や湿気、ハブ対策による影響を受けています。島が経済的に豊かでないため建材に適した材料を輸入できず、地元産の細い曲がった広葉樹のみで作らなければならなかったことから、奄美大島独特の建築文化が生まれました。その伝統建築の定義付けを、文献と博物館の学芸員の力を借りて行いました。
これは、山下が考える奄美伝統建築の7つの条件です。

「効果・成果」
笠利町における「伝泊 古民家」
山下の出身地でもある奄美大島北部の笠利町が「伝泊」発祥の地となった理由は、三つあります。

①江戸時代は奄美大島全体の行政の中心地として栄えた場所で、現在は奄美空港からも近く、綺麗なビーチが数多くあること。
②山下の出身地であるため、関係者が多く、まちづくりには適していたこと。
③奄美古来の集落文化が色濃く残っている集落が数多くあったこと。
これらを踏まえて2016年7月、笠利町に誕生したのが「港と夕陽のみえる宿」「小路ぬける砂浜の宿」の2棟です。

集落の声を聴き「時間」に焦点を当てる
現在、日本各地で古民家を改修し宿泊施設になっているケースが多くみられますが、そのほとんどが建設当時の姿に復活させ、その時代の空間を楽しむことに焦点を当てています。
しかし、山下は「時間」を大切にする建築家であること、「伝泊」が集落の中にあることを踏まえ、経過する「時間」の声を聴き、建物の外観や庭を現在の集落と違和感のないものに仕上げています。内部に関してもその家の持つ伝統や歴史に敬意を払いきちんと残しつつも、水回り(キッチン・お風呂・トイレ)の改修に力を入れ、宿泊者にストレスのない機能やデザインに仕上げています。

「今後の展望」
2021年7月26日、奄美大島は悲願であった世界自然遺産に登録され、世界から注目が集まっています。これからより多くの人がこの地を訪れることが予想される中、奄美の「シマ」に残るそれぞれの集落文化を守ることは、文化のバトンを受け継いだ私たちの使命であると山下は考えています。今後笠利町での拡充に加え、奄美群島で集落文化が色濃く残る特徴的な地域へ、さらに「伝泊」を展開していきます。
また空き家問題は奄美大島だけのものではなく、日本各地で共通している社会問題です。2019年には「伝泊」をより拡大させていくための「株式会社 伝泊+工芸」を設立し、全国への展開に着手しつつあります。
昨今のコロナウイルスの蔓延がきっかけとなり、都市への一極集中から地方分散へ、大きく価値のパラダイムシフトが起きています。「伝泊」はこの社会の流れを加速させる存在であると自覚し、地方の価値の再編集を進めることに注力していきます。

伝泊古民家 奄美

伝泊古民家 加計呂麻島

伝泊古民家 徳之島


<本プロジェクトの受賞歴>
2020年 国連世界観光機関(UNWTO審査機関)第6回ジャパン・ツーリズム・アワードにて 最優秀賞「国土交通大臣賞」/「UNWTO 倫理賞」を受賞

2022年 第12回 地域再生大賞「優秀賞」受賞
<本プロジェクトの掲載情報>
●雑誌・新聞

日本経済新聞2019年12月24日付
日本経済新聞2019年12月12日付、未来面「地方で育む日本の未来」
JALカードの会員向け情報誌「AGORA」2019年10月号
日刊工業新聞2018年3月30日付
「日経アーキテクチュア」2018年4月12日号
SKYMARK 機内誌「空の足跡」 2021年10・11月号
●書籍
発行公益社団法人日本観光振興協会季刊「観光とまちづくり」
日本離島センター「季刊しま」
●web
「地球の歩き方」ホームページ、「伝泊 古民家」の「はたおり工房のある宿」掲載
「YOLO」
「FUTURE IS NOW」
観光産業ニュース「トラベルボイス」
デザインのWEBメディア「URBAN TUBE」
「URBAN RESEARCH MEDIA」
「URBAN TUBE」
「コロカル」
「島宿.net」
「LIFULL HOME’S PRESS 」
●TV
MBC南日本放送

PAGE TOP
Translate »